ワーム禁止と使用可能ルアー

芦ノ湖は2000年よりワーム禁止となっています。
これにより、バスだけでなく野生化した鱒類の寿命が延びている事も推測されています。
一方で、ルアーの進化により複合素材のルアーも増えてきています。

現状に即したルールとして、芦ノ湖では現在、以下のルアーの使用はOKとなっています。


ジョイクロなど
テールにソフト素材が使われている場合、ルアー全長の30%までOK。
例として、ジョインテッドクローやモンスタージャックなどが使用可能です。
フロッグ類

「水面で利用されるため、湖底に残されないであろうとの考え方(漁協HP)より」
スナッグレス性の高いルアーという理由もあると思いますので、スナッグレス性を失うような使い方は避けた方が良いでしょう。
ラバージグ

以前から公認されていたソフトルアーですが、トレーラーは自然素材(ポーク)等のみです。
グラブやワームのトレーラーは禁止です。
スピナーベイト
バズベイト

以前から公認されていたラバー付きルアーですが、トレーラーは自然素材(ポーク)等のみです。
グラブやワームのトレーラーは禁止です。

ワーム禁止以降、年々芦ノ湖のバスの体型が良くなっており、でっぷり太った50アップのバスも沢山上がるようになっています。
これは魚たちが湖底に放置されたワームを誤飲しなくなった事への成果で、ひとえにルールを守ってくださる釣り人の皆様のおかげです。
今後とも何卒ご理解とご協力をお願い申し上げます。